昔のツイートですが、ふいに思い出して保存メモ。
稀見理都様 情報ありがとうございますm(_ _)m


下の表、サムネに使おうかしらん。
鈴木しげるというのはわしの旧ペンネームでふ(; ̄Ω ̄)
昔の絵(漫画)なのでアレですが…。

真帆さんいじめないで14真帆さんいじめないで15真帆さんいじめないで16
2018年5月30日発売のCOMIC高7月号にえっちな漫画「真帆さんいじめないで」を載せていただきました。
おねショタものです。
ゆるふわjkおねーさんが、ネガティブ少年をさらに言葉責めにしてえっちして突き落とすという物語です。

■COMIC高2018年7月号公式ページ http://www.akaneshinsha.co.jp/item/11525/

単行本「校内売春」が2018.05.28発売されました。
01inono書影オビあり02表紙塗り校内売春03特典

アキバBlog様記事より
jk痴漢電車06jk痴漢電車07jk痴漢電車08
一遍一遍、密度高め(当社比)にして描くことを心がけてました。
初期の漫画に比べますとだいぶ描きこんでいます。
直近の痴漢電車は描くの相当時間かかりましたぐももも。

校内売春 | 茜新社
http://www.akaneshinsha.co.jp/item/11537/
堕ちた天使14堕ちた天使15堕ちた天使16
絵柄も徐々にリアル風味に寄せていきました。
リアルといいましても、完全リアル劇画というより、あくまで風味程度で。

それで気がついたのですが、わし萌え系より、ちょいリアルぎみの絵柄の方が描きやすいかも…。今更ですが。

萌え系だと目の大きさとか、描いてるうちに大きくなりすぎたり、左右の目の間隔が離れすぎていったり狭すぎていったりと、安定しないのです。
リアル風味だと、写真などなど参考・基準にして描けるので、特に目の大きさと離れ具合の感覚を修正するのにさほど苦労しないと申しますか。

萌系でも、今は完成度の高いフィギアや3Dデータがあるので、感覚を調整していくのは昔ほど苦労はしないとは思うのですが、しばらくはリアル風味でいこうかと思っております。
あと、おねショタ。

堕ちた天使15堕ちた天使14堕ちた天使13











2017/08/30発売のCOMIC高10月号にえっちな漫画「放課後・堕ちた天使(前編)」24ページ、載せていただきました。
ありがとうございます。
貧困jkの寝取られ(NTR)物語です。
昭和な雰囲気を微かに漂わせるようなそんな漫画。
とはいいましても舞台は東京オリンピックから3年後の2023年です。
そゆ意味では「ミトセンミトリ」の前のお話しともいえるかしら。

■COMIC高2017年10月号公式ページ http://www.akaneshinsha.co.jp/item/10325/

2017/05/30発売のCOMIC高7月号にp22のえち漫画「女子高教師」を載せていただきました。
■COMIC高2017年7月号公式ページ http://www.akaneshinsha.co.jp/item/9741/

女子高教師01女子高教師19女子高教師20











この漫画も前話「姉色空模様」に引き続き、ニコ生にて女子高の実態を話してらっしゃるおにゃのこさんがいまして、参考にさせていただきました。ありがとうございます。(何が)

あと原稿1枚目、描くのに3日もかかってしまた…orz
そこまでたいしたことない密度なのですが、なんで時間かかったんだろう…いつもの画風よりリアルぎみにしたからかなぁ。
キャラクターも、少々リアルに寄せる感じの画風に変えつつあるので、そこも見ていただけると幸いです。

2016/11/30発売のCOMIC高1月号にp26のえち漫画「姉色空模様」を載せていただきました。
おねショタ近親相姦ものであります。ありがとうごさいます。

COMIC高2017年1月号公式ページ http://www.akaneshinsha.co.jp/item/8994/

姉模様12姉模様13姉模様14











このえちぃ漫画は、ニコ生で地下アイドルさんが
「弟くんと今でもお風呂一緒にはいるよ~。お母さんだとチンコおっきしないけど私だとしちゃうんだよ~くふふ♪」
と話していたのを思い出しまして、そこから発想した漫画です。

なのである意味実話と言ってもいいんではないでしょうか?(問題提起)

ちなみに複数のレイヤーさんから
「私のね、弟くん可愛いの。もうね可愛くて可愛くて…はうっ」
という話しも聞いておりますので、ええ、複数のコスプレイヤーさんからですね聞いておるんですね。それはもうはっきりと。

とあるボーイッシュ系女優さんもね
「弟のためなら死ぬる」
といったインタビューもテレビで放送されていましたし、そういった意味を踏まえてもですね、その証言を実話エビテンスとさせていただきたいと思う所存。


暑中お見舞い申し上げます。

↑このページのトップヘ